日本基督教団御殿場教会  United Church of Christ in Japan Gotenba church

愛しなさい

説教

タイトル : 「愛しなさい」 
聖書   : マタイ22:34-40
年月日  : 2013-5-5
イエス様をつぶしてやろうと、ユダヤ教の指導者たちが次々とやって来ましたが、
かえってイエス様から自分の愚かさ、不信仰を突きつけられる結果となりました。
そこで今度は、ある律法の専門家が、イエス様を試そうとして尋ねています。
 「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか」。
当時、律法は学者たちなどの解釈によって大量の掟が作られ、生活全体をまるで
クモの巣のように覆っていました。どの掟も守るべきだとされて、その1つにでも
引っかかれば、たちまち罪人のレッテルが貼られてしまう、そういう社会でした。
しかしイエス様は迷わず、ただ「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、
あなたの神である主を愛しなさい」と答えています。これは、先週の礼拝で聞いた
申命記6章5節の御言です。使っている言葉は少し違いますが、語っている内容は
同じです。「あなたの心の全部で、あなたの精神の全部で、あなたの思いのすべてで
神様を愛しなさい」つまり「裏表なく、あなたの全人格、丸ごとで、捨て身に
なって神様を愛しなさい」と言うことです。
 これはイスラエルの民がカナンに入る前、モーセに念押しされた言葉ですから、
誰もが知っており、大切にしていた掟です。それゆえイスラエルの民は、この掟を
日々の生活で子供達に、くりかえし語り伝えてきました。
 「あなたのすべてで神様を愛しなさい」。
でも愛はいつも神様から始まります。いつも神様の愛が先立って、人々に
働きかけます。「すべてに先立ってあなたに働いている神様の愛を全身で受け取り、
あなたのすべてで、神様の愛に応えなさい」と、この掟は命じているのです。
 すべてに先立って働く神様の愛は、イスラエルの民だけでなく、神様が造られた
すべての人に向けて注がれています。すべての人を分け隔てなく、誠実に限りなく
愛し続ける神様の愛神様の愛は、ちょうど十字架の縦の柱のように、天からこの
世を貫き、陰府の底まで突き刺さっています。天から降り、真っすぐに据えられた
神様の愛は、傾くことも、ぶれることもなく、しっかり立っています。この神様の
愛をこの世に、そのまま忠実に表してくださったのが、神様の御子イエス様です。
 イエス様の周りにいたのは、立派な肩書きを持った人たちではなくて、世間から
忌み嫌われ、見捨てられた弱く、貧しい人、病人や、罪人のレッテルを貼られた人
たちでした。世間から見たら、愛される資格も理由もない人たちをイエス様は招き、
ご自分のすべてを注ぎ出して神様の愛で、愛しぬきました。その証しがイエス様の
「十字架の死」と「復活」です。
 十字架のイエス様は、すべての人の罪の負い目、罪の汚れを無条件で引き受けて、
完全に清めます。そして「あなたの罪は赦された」と宣言して、罪の赦しを与えて
くださいます。また十字架で殺されたイエス様は、死の力を撃ち破って、永遠の命
と体をもって復活されました。そして「永遠の命を受け、私の復活の後に続きなさい」
と、すべての人を招いてくださっています。
人がどんなに頑張っても、決して手に入れることが出来ない「完全な罪の赦し」
と「永遠の命」を、イエス様はすべての人に差し出し、罪と死の中から救い出して
くださいます。これが神様の愛です。だからイエス様が差し出している神様の愛を、
私達はただ信じて受け取るだけで良いのです。イエス様が、命をはって差し出して
いる神様の愛を、無視したら勿体ない。神様の愛を受け取らなかったら、勿体ない。
神様の愛を受け取って神様の愛に応えて生きること。神様に愛されている
ことを認めて、神様を愛して、神様と相思相愛で生きること。これが私達に
とって一番豊かで、正しく幸せな生き方だということを、第1の掟は教えて
います。
 そして第1の掟がいう愛は、人の愛ではなくて「神様の愛・アガペーの愛」です。
人の愛にはエゴや損得勘定、限界があります。でも「神様の愛・アガペーの愛」は、
イエス様が十字架の死と復活で示してくださったように、エゴも損得勘定も限界も
ありません。分け隔てせず、永遠に変わらず、決して失われることのない愛です。
この「神様の愛・アガペーの愛」を、私達は自分では作れません。だから私達は、
イエス様から神様の愛を受け取るのです。いえ、神様の愛そのものであるイエス様
ご自身を、私達は礼拝で受け取ります。そうすればイエス様が私達の中で働いて、
十字架でご自分のすべてを献げ尽くして忠実に神様を愛されたように、イエス様が
時が良くても悪くても神様を愛せるよう、私達を動かし導いてくださいます。でも
神様を愛するとは「神様と私だけの世界」に引きこもることではありません。
周りの関係を遮断して、神様と自分だけの関係を楽しむことではありません。
 そこでイエス様は「神様を愛しなさい」と言う第1の掟と同じように、重要な掟
として「隣人を自分のように愛しなさい」という第2の掟を示しています。これも
レビ記19章18節にある御言です。
「隣人を自分のように愛する」。わざわざ言われなくても、私達は自分を誰よりも
一番愛していると思っています。でも「自分を愛していると思っている」その
愛は、「神様から出たアガペーの愛」ではなく、エゴまみれの「自分から出た
愛」です。だから元気で順調な自分は大喜びで愛しますが、病気をしたり挫折して
弱く衰えた自分なんか認めたくないし、とても受け入れられない。愛するどころか、
そんな自分は大嫌いで消したい。「自分から出た愛」は簡単にガス欠になります。
でも「自分から出たエゴの愛」がガス欠でも、「神様からの愛」は以前と変わらず
私達にタップリ注がれています。「認めたくない、受け入れられない、愛せない自分」
でも、神様は構わず、私達を愛し続けます。神様は私達の能力を判断して愛するの
ではないからです。「神は愛」だから、神様は私達の存在そのものを慈しみ、私達を
愛さずにいられません。時が良くても悪くても、神様の愛は、変わりません。
自分にとって最悪に思える時でさえも、私達は確実に、神様の愛の中にいる
のです。
今の自分が大キライで、あなたは自分を受け入れられないかもしれない。しかし
何の言い訳も必要とせず、「そのままで神様に愛され、受け入れられている自分」が
現実にいます。この自分を受け取りましょう。そして今度は「エゴの愛」ではなくて、
「いつでもタップリ自分に注がれている神様の愛」で、自分を愛するのです。
神様の愛の中に、自分を手離してごらんなさい。神様の愛に、自分のすべてを
任せて、神様の愛の中で自分を自由に泳がせてごらんなさい。それまで自分を縛り
つけていた「エゴの愛」が一つ一つ外れて、自分の存在を喜べるようになります。
神様の愛で、今の自分を愛して受け入れる喜びと感謝」をまず体験しましょう。
すると、神様の愛が、受け入れがたい自分にタップリ注がれていたのと同じように、
他の人たちにも、神様の愛がタップリ注がれていることに、気がつくはずです。
神様は、誰のことも分け隔てしないからです。すべての人が十字架のイエス様に
とりなされ、罪赦されているから、神様の愛はすべて人に惜しみなく注がれます。
第2の掟、「隣人を自分のように愛しなさい」。この隣人の中には、苦手なあの人、
厄介なこの人も入っています。そういう隣人を「自分から出るエゴの愛」ではなくて、
神様の愛」で愛しなさいと、第2の掟は命じます。そう命じられると「あの人は・・・
と言ったから」「この人は私に・・・したから」と、愛せない理由を並べたくなります。
でも私達に注がれている「神様の愛」は言い換えると、とてもじゃないけれど、
愛することなど絶対出来ない「罪人に対する愛」です。十字架のイエス様が
現わしてくださったのは、イエス様を憎み、ののしる者、裏切る者への愛。
まさに「奇跡の愛」、「罪人への愛」なのです。
 聖書は「正しい者はいない。1人もいない」と証言しています(1コリント3:10)。
私も隣人も、すべて罪人です。しかし神様は罪人の一人一人を愛して、イエス様の
十字架のとりなしと赦しを与え、神の国に招き入れる準備を整えておられます。
 イエス様がご自分を呪う者たちを救うために、十字架でご自分の命をささげて、
彼らを愛したように、神様もまたすべての罪人を、ご自分の愛の中に招き入れます。
この神様の愛の中に、私もいるし、「苦手なあの人、厄介なこの人」すべての隣人が
います。神様の愛に、垣根も壁もありません。罪人一人一人を、最上の愛で愛する
神様の気前良さの前に、私達は「参りました」と、ひざまずいて白旗を掲げるしか
ありません。そして私達も、神様が愛している罪人一人一人を、隣人として愛して
行きます。自分に与えられている罪の赦しと神様の愛も、隣人に与えられて
いる罪の赦しと神様の愛も全部、本物だと確信するからです。この時「隣人を
自分のように愛する」十字架の横の柱が、すべての人に向けて限りなく伸びていき
ます。
 十字架の縦の柱と横の柱が1つになっているように、「神様を愛すること」
と「隣人を自分のように愛すること」は、1つにつながっています。
神様の愛と赦しの力を確信して、神様を心から愛してこそ、初めて自分を
愛し、隣人をも愛することが出来るからです。
「自分のすべてで神様を愛する」第1の掟は、「隣人を自分のように愛する」第2
の掟に従う誠実さの中に、具体的に現れてきます。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional