日本基督教団御殿場教会  United Church of Christ in Japan Gotenba church

おめでとう、恵まれた方

説教

タイトル :「おめでとう、恵まれた方
聖書   : ルカ1:26-38
年月日  : 2013-12-22
特記事項 :クリスマス礼拝   
 天使ガブリエルがおとめマリアに「神様の御子イエス様が宿る」と伝える場面は
「受胎告知」と呼ばれて、多くの絵画が残されているのでご覧になった方もあるかと
思います。絵画では美しく描かれていますが、マリアには一大事です。いいなづけ
のヨセフとは、まだ結婚はしていないのに妊娠する。しかもヨセフには身に覚えが
ないとすれば、マリアは不倫をしたということで死刑になります。自分がマリアの
立場になれば「冗談じゃない。勘弁してよ」と、「受胎告知」は天使に食ってかかる
場面になってしまって、決して美しい絵画の題材にはならないでしょう。
 にもかかわらず、天使はマリアに「おめでとう、恵まれた方」と挨拶しています。
そして天使は「主があなたと共におられる」と言って、「マリアは、神様から恵みを
受け、男の子を産むことになっているので、イエスと名づけるように。またその子
はいと高き方の子と言われ、ダビデの王座が与えられ、その支配は永遠に終ること
がない」と告げまました。
 マリアは驚いて、「結婚前なのに、そういうことはありえない」と言うのですが、
天使は「聖霊があなたに降って、あなたから生まれてくる子は、神の子と呼ばれる。
神にできないことは、何一つない」とキッパリ宣言します。
するとマリアは命にかかわる一大事を、拒むことも「2,3日考えさせて欲しい」と
保留することもなく「私は主のはしためです。お言葉通り、この身になりますように」
と答えて、これからどうなるかも分からないまま神様のご計画を素直に自分の中に
受け入れます。このマリアの従順さはクリスマスの出来事が現実になるため、
とても大切なものです。
マリアの答えを聞くと、天使は去って行きます。この後、1人その場に残された
マリアの胸の中は、どうだったでしょう。
 「今のことは現実?夢? いいなづけのヨセフには、何と言えばよいのだろう。
天使が告げたことを、ヨセフは信じてくれるだろうか。だけどこの私が神様の子を
宿して産むことになる。神様の奇跡が、私の中で現実に起こるって、すばらしい」。 
 神様の御子を宿すと天使から告げられて、それが現実だと悟ったマリアの喜びと
神様への感謝が、47節以下に記されている「マリアの賛歌」です。
 プロテスタント教会では、カソリック教会のように、マリアを特別に敬うという
ことはしませんが、平凡な若い娘に神様が目を留められて、聖霊を降して娘の中に
神様の御子を宿らせたこと、そして神様の御子を人の体を通して出産させたことは、
やはり驚くべき奇跡です。
 クリスマスと言うと、この世的には「プレゼント」と「ごちそう」しか思い浮かばず、
イエス様がなかなか出てきません。「イエス様が誕生した」と言っても「おとぎ話」
にしか聞こえない方も多いでしょう。でも今日のクリスマス礼拝で、皆さんもまた
マリアとなるよう、招かれていることに、ぜひ気づいていただきたいのです。
ここには、子供も大人もいます。高齢の方もお体が不自由な方もいます。男性も
女性もいます。しかしそれでも今日、礼拝に集められた皆さんに、天使は言います。
おめでとう、恵まれた方」と。なぜなら皆さんもマリアのように、神様の御子を
自分の体に宿すようにと、神様の力、聖霊の力が働いているからです。
人が御子を宿して産む。このクリスマスの出来事は他人事ではなく、私達自身の
ことでもあるのです。こう言いますと、皆さんもマリアのように「どうして、その
ようなことがありえましょうか。私はまだ子供です。私は男です。私は年をとって
います」と言われるでしょう。でも天使が言った「神に出来ないことは何一つない」
と言う言葉は、真実です。
 私はバカげた話をしているのではなく、真剣にクリスマスの奥義を語っています。
私達はマリアのように平凡な人間です。否、カソリック教会が敬っているマリアの
ような清純な人間ではない。それでも神様は私達を選び、礼拝に集めてくださり、
私達に、聖霊と神様の言葉を与えておられます。私達の中に、御子イエス様を宿ら
せたいからです。私達がマリアのように「お言葉通り、この身になりますように」
と従順に答えるなら、神様の願いと導きを受け入れるなら、私達もまたイエス様を妊娠します。私達もまたイエス様を、自分の体の中に、宿す、身ごもる、
はらむ、妊娠します。
 妊娠と言うのは不思議です。私は、私と言う命で生きているのに、妊娠している
時は、私の中で「私とは全く別の命」が生きています。私の中に、別の命がいて、
日に日に成長して、人間らしく形作られていきます。
 もし私達が「お言葉通り、この身になりますように」と、神様の導きに従うなら、
聖霊が降り、神様の力に包まれて、私達はイエス様を宿し、イエス様を妊娠します。
私達は平凡な人間なのに、また時には人を憎み、傷つけたりする残酷な人間なのに、
それでも私達の中に、私達とは全く別の命・イエス様が宿っていて、いつの間にか
成長していき、私達の中でイエス様が、ハッキリと形作られて行きます。
 妊娠して、お腹の子供が成長するのと共に、お腹も大きくなって目立ってきて、
お腹に子供がいることが隠せなくなるのと同じように、私達の中で、イエス様の命、
イエス様の存在が次第に大きくなってくると、自分の中にイエス様がいることをも、
隠しておけなくなってきます。でもイエス様が日々、順調に成長していくかどうか、
これは人間の力で出来ることではなく、神様から与えられる恵みです。だからただ
ひたすら神様の力、聖霊の力を求めて、私達は祈り続けるだけです。
 それでは私達の中で、イエス様が形作られて行き、大きくなっていくと、私達は
どうなるのか。妊娠していると、食べ物など好みが変わるといいます。イエス様が
私達の中で、その命と存在を大きくしていくたび、隠しようがないくらい、私達も
イエス様によって確実に変えられていきます。
それまでの自分では口に出来なかったような、相手の立場に立った言葉、相手を
思いやり育てる言葉。イエス様の愛の言葉が、私達の口から生まれていきます。
誰を見るにしても憐れみ深いイエス様の愛の眼差しが、私達の目から生まれて
来ます。いつでも神様を思い、神様に心から信頼して祈ります。人の痛みや喜びを
自分のこととして受け止め、感謝して祈り、またとりなして祈れるようになります。
イエス様が神様と人を愛して仕えたように、自分の心と体なのに、不思議なほど
自然に、イエス様がなさりたいように、神様と人を愛するため、惜しみなく働ける
イエス様の自由な愛の心と体が、私達の中から、新しく生まれ出ていきます。
 一方、私達には多くの欠けがあり、イエス様の妊娠が順調に進むとは限りません。
イエス様を自分の中に宿したまま、教会から、信仰から、神様から、離れてしまう
こともあります。自分の中にイエス様が宿っていることさえ忘れることもあります。
例えるなら、「栄養不足で、お腹の子供の成長が止まってしまう」と言うことです。
でもそういう時、ガラテヤ書の中でパウロは、次のように言っています。
  「キリストが、あなたがたのうちに形作られるまで、
私はもう一度あなたがたを産もうと苦しんでいます」(ガラテヤ4:19) 
 信仰から離れてしまった人たちにも神様の救いを語りかけて、その人たちの中に
宿っているイエス様の成長が回復して、イエス様の命と存在が、再び、ハッキリと
形作られていくことを願う、パウロを初めとする多くの伝道者、信仰者の祈り、否、
イエス様ご自身の祈りが、イエス様を宿す一人一人に、いつでも寄りそって
います。
 私達は簡単に「あの人は立派だ」とか言いますが、神様から見れば皆、不完全です。
と言うより、傲慢で自分勝手。ウソをつき、憎み、ねたみ、裏切り、人を傷つける
罪深い人間。それが私達です。イエス様を宿すにはふさわしくないし、イエス様と
私達では全くつりあわないのに、それでも神様は、私達を礼拝に呼び集めて、聖霊
と共に神様の言葉を聞かせ、私達の中にイエス様を宿らせようとしてくださいます。
神様から、そうしていただける資格も価値もないのに、だから私達は「おめでとう。
恵まれた方」なのです。
イエス様を宿すことは、私達にとって当然のことではなく、神様からの一方的な
恵みです。そして「お言葉通り、この身になりますように」と神様の恵みを素直に
受け入れて「イエス様を宿す者」として一方的に導かれるから私達は「おめでとう。恵まれた方」なのです。
自分の力ではなく、神様の恵みと力、聖霊の助け、イエス様のとりなしの祈りが
私達を包み、私達の中に宿るイエス様を益々大きく成長させて、私達の中から、
イエス様の言葉や思い、イエス様の祈りや働きが、この世に次々と生まれて
行くよう神様が導いて用いてくださるから、だから天使は私達に「おめでとう。
恵まれた方」と挨拶をします。今、皆さんの前で天使が挨拶をしています。
おめでとう、恵まれた方、主があなたと共におられる。」

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional